1歳の息子の誕生日には阪急百貨店の苺タルト

子どもが一歳になりました。平日だったので家族揃ってケーキを食べる事が出来なかったので日にちをズラしてお祝いしました。
大きなデパートと上の子供と一緒に買いに行こうと思っていました。

近所にもケーキ屋もデパートもありますが、結婚して6年、私の誕生日、主人の誕生日、結婚記念日、なんでも無い日、上の子供の誕生日、クリスマス等沢山、何度も食べたので目新しいケーキを買いに行きたくなりました。
自転車で30分程かかりますが、一緒に子どもとケーキを選べば子供も喜ぶかなと思っていました。
しかし、その日は急遽仕事場所が変更した事もあったので、梅田を通る事になりました。
それならば!と梅田でケーキを探す事にしました。
梅田には沢山の百貨店もあるし、中には沢山ケーキ屋さんがあります。
どれも目新しく、まだ時間も昼間と言う事もあり種類も豊富にありました。
フロアの全てのケーキ屋さんを吟味して、始めにロックオンした苺のタルトにしました。
季節がら抹茶や苺のケーキが沢山ありました。一周回ってショートケーキばかり食べていますが、今回は変わりダネにしました。
タルトで4歳の子供が喜んでくれるかは分かりませんが、1歳の子供は沢山苺を食べられるしいいかな、と思います。

京都に行くのなら、勉強をしておかないといけません…

お休みができ次第、京都に行こうと思っています。
なお、筆者が言う「京都に行く」とは、例えば大学の公開講座に行くような堅くてまじめなものでもなく、舞妓さんに会いに行くわけではありません。
京都の神社仏閣、それもできれば、世界遺産や国宝級のものを見に行きたいというものです。
ただ、京都は誰もが知っている歴史ある街です。行く以上は、しっかり勉強しておきたいと思います。
見て楽しむだけでは、ただ残念な旅行になりかねません。
新幹線に乗って、京都に行く以上は準備万端にしておきたいとも思うのです。貧乏性と言えば、それまでですが…。
そして、準備する以上は、どのあたりから勉強しようか、悩みどころです。
もしかして、中学校で読まれるような、歴史のテキストを紐解くようになるかもしれません。
なにせ、結構忘れていることもあるでしょう。私が高校を卒業してから、新しいことが歴史の間から出てきているかもしれません。
それをつかまずに、神社仏閣を見てまわるのは、残念すぎます。
あと、せっかくですので、建築についても初心者用の本を読んで勉強しておきたいです。
いろいろと京都への思いを書きました。
もし、京都へ行くことがかなえば、京都はどんな街だったか、書こうと思います。
その時には、この拙文に再びお付き合いいただければ、幸いです。フェイスライン