自転車に乗れなくなってしまいました

私はここ20年近くもの間、外出時に自転車を利用する事がありませんでした。理由は自動車免許を取得して以来、車の運転に夢中になってしまい、交通手段のほとんどを車に依存してきたからです。
一度、車の運転に慣れてしまうと自転車に乗る事が何かと面倒で億劫に感じてしまい、どんなに近所の用事でも自転車を利用せずに車を使って済ます事が常態化していました。
マユライズ

こうした生活が20年近く続いたある日、何の気なしに自転車に乗ろうとした所、運転以前にバランスを取るのが精一杯となっている事に気付き、自分の事にもかかわらず呆れてしまいました。
しかしながら、仮に車の利用を控えたとしても、自転車に乗る事も出来ない様では普通に社会生活を送る事もままならないと私は感じたので、ゴールデンウイーク中に必死で自転車運転の練習をしました。しかしその甲斐はなく、20年間のブランクは大きいため、思った程は上達しませんでした。しかし、この程度であきらめている様では悔しさが残るばかりですので、まずは体重をある程度落としてから、再度チャレンジして昔の様に自転車をスイスイ乗りこなせるようになり、同時に私自身の健康のためにもサイクリングでも始めてみようかと考えています。