新型A4の特徴

まず、アウディA4の最も大きな変化は、重量減少でしょ。最近のほとんどの自動車メーカーの最大の悩みと目標は減量です。 A4車体の場合、現在のモデルより50kg軽くなりそうです。スチール80%、アルミニウムとマグネシウム、そしてプラスチックなどが20%程度の割合で車体を構成することになります。このようなボディの重量軽量化に加え、シャーシ部分まで合わせて全体的に約100kg程度軽くなることを期待しています。
二重美容液

中型クラスで重量を100kg程度削減するのは本当に大変なことではないでしょう。重くて大きいフラッグシップや大型SUVが減少することよりももっと難しいプロセスが必要ではないかと思います。このように重量を削減することで準中型級レベルの燃費効率になるということです。もちろん安全性は、少なくとも前世代と同じレベルか、より補強されるようになります。これは重量を減らすとともに、基本的にかみ合っている解決課題と見れば良いでしょう。

そして、もう一つ、アウディがA4の新しいモデルに力を注いでるところは、準大型級テクニックを多く反映したということです。これについて具体的な発表はまだない状態です。そして、MMIと呼ばれるインフォテインメントシステムが今よりもはるかに使い安くなります。しかし、使用は楽になりますが、機能はより精密で多様化となります。アウディ関係者は、インフォテインメントシステムに気を使ったと話しなのでどの程度か期待をして見ます。

エンジンは、馬力やトルクが現在のモデルよりも良くなると見えます。それほど大きな変化はないと思われます。一応話をされているのは、以前にはなかった1.4 TSI(ガソリン)が新たに基本型の投入されることです。既存の最も低いエンジンは120馬力、最大トルク23.5kg.mですが、この1.4ガソリンは150馬力、最大トルクは25.5kg.mに高くなります。ゴルフやA3に入るエンジンだと考えられます。

2.0ガソリンの中で170馬力、最大トルク32.6kg.mの現在エンジンは177馬力で7馬力が上がって最大トルクは30.6kg.mにやや低くなります。ただしディーゼルの中で気になるのは現在の177馬力と163馬力の2.0 TDIが190馬力まで上がるようになってトルクもより大きくなる部分ではないかと思います。エンジンの性能向上と軽くなる車体がどのようなパフォーマンスをするか楽しみですね。